Webサイトへのアクセス制限の仕組みや簡単に回避する方法を解説!

Webサイトへのアクセス制限についてこのような悩みはありませんか?

うさぎさん

「なぜWebサイトへのアクセス制限が行われているの?」

うさぎさん

「アクセス制限されるとどんなサービスが利用できない?」

うさぎさん

「アクセス制限を回避する方法は?」

海外サイトなどを頻繁に閲覧する場合、アクセス制限に引っ掛かってしまう場合も多いです。

アクセス制限にかかっていると「ご利用の地域からは閲覧できません」のような内容が表示されることもあれば、自動的に日本向けのWebサイトに飛ばれることもあるため、そもそもアクセス制限にかかっていることに気づかないこともあるのです。

本記事では、Webサイトへのアクセス制限が行われる理由や仕組み、制限されているサービス、アクセス制限を回避する方法などについて詳しく解説します!

VPN先生

この記事を読めば、快適にネットを利用できますよ!

記事の内容

なぜWebサイトへのアクセス制限は行われるのか

Webサイト アクセス制限

海外のWebサイトなどにアクセスする時に制限がかかったことはありませんか?

なぜアクセス制限がかかるのか?どのような仕組みで制限されてしまうのか?について詳しくご紹介していきます。

・Webサイトのアクセス制限の理由
・Webサイトへのアクセス制限が行われる仕組み

Webサイトのアクセス制限の理由

Webサイトへのアクセス制限が行われる理由はさまざまです。

その中でもアクセス制限が行われる主な理由としては、セキュリティ面の安全性の確保やサイバー攻撃を防ぐために行われています!

たとえば、アメリカの金融機関のWebサイトを世界中から閲覧できるようにしてしまうと、ハッキング技術の発達した国と地域からハッキングされてしまう可能性があります。

VPN先生

また、犯人を特定することが非常に難しくなってしまいます!

これは極端な例ですが、ほかにも著作権の問題から海外からのアクセスを制限していたりと、あらゆるリスクに対して未然に対処するためにアクセス制限が行われていることが多いです。

Webサイトへのアクセス制限が行われる仕組み

Webサイトへのアクセス制限が行われる仕組みは、アクセスするデバイスに割り振られているIPアドレスからアクセスポイントを解析しているというものです。

「IPアドレス」とは、簡単にいうとインターネット上の住所のような役割を果たしており、スマホやパソコン、タブレットなどのアクセス記録が判別できるようになっています。

そのため、IPアドレスには国・地域のおおよその位置や利用されたプロバイダ(インターネット回線)などの情報が含まれるのです。

IPアドレスの通信規格

  • IPv4:0〜255の数字4組で構成する(43億通り)
  • IPv6:4桁の英数字8組で構成する(43億の4乗通り)

また、一般的にスマホやパソコンで使用するIPアドレスは「動的(可変)IPアドレス」といって、アクセスするたびにIPアドレスが変更されます。

つまり、個人単位でのアクセス制限をすることはできないものの、国単位でのアクセス制限をすることは簡単に行えるのです。

アクセス制限をしているサービスは?

ここでは、実際にアクセス制限のあるサービスを一部ご紹介していきます。

普段使いに使用している日本のサービスが、海外からはアクセスできないことが分かります。

・海外からのアクセス制限をしている日本サービス
・日本からのアクセス制限をしている海外サービス

海外からのアクセス制限をしている日本サービス

海外からのアクセスを制限している日本のサービスも数多くあります。

たとえば、「Amazon Prime Video」「Hulu」「U-NEXT」「AbemaTV」などの日本企業が運営するVODサービスや、国別識別のあるYouTube動画、DMM GAMESなどの日本企業が運営するオンラインゲームなどについては、海外からのアクセス制限を行っています。

そのため、日本で上記のようなサービスに登録している場合であっても、海外のIPアドレスを接続した場合は利用できなくなってしまいます。

そのため、海外旅行や海外出張などで海外にいる時間が多い方はアクセス制限を回避しなくてはいけないのです。

VPN先生

普段使用している日本のサービスが結構ありますよね!

アクセス制限のあるサービス

  1. SNSやチャットアプリ:
    • Twitter, Instagram, Facebook, LINEなどは基本的に全世界で利用可能ですが、中国やドバイ、イランなど特定の国ではアクセスできない場合があります。
  2. 動画配信サービス:
    • TVer、U-NEXT、Netflix、Amazon Prime Video、Hulu、ABEMAなど日本のサービスは海外で利用できないことが多いです。NetflixやAmazon Prime Videoは滞在国によって提供されるコンテンツが異なります。
  3. 漫画・本アプリ:
    • LINEマンガ、コミックシーモア、ピッコマなどは国内専用で、海外からのアクセスが制限されています。
  4. 銀行のインターネットバンキング、キャッシュレス決済アプリ:
    • これらのサービスも海外からのアクセスが制限されることがあります。
  5. Yahoo!サービス:
    • ヤフージャパン検索エンジン、ヤフーニュース、ヤフーメールなどは、特定の地域からのアクセスに制限があります。

日本からのアクセス制限をしている海外サービス

日本からのアクセス制限をしている海外サービスは数多く存在します。

たとえば、ファッションブランド「COAC(コーチ)」の公式サイトはwww.coach.comですが、こちらのURLを踏んでも実際表示されるのはhttps://japan.coach.comという日本国内向けのCOACHの公式サイトとなります。

つまり、日本国内のIPアドレスからCOACHのアメリカの公式サイトにアクセスしようとしてもアクセス制限によってアクセスすることができず、自動的に日本のCOACHの公式サイトに飛ばされてしまうのです。

ほかにも、日本国内にて販売している海外ブランドの多くは、現地の公式サイトではなく日本向けの公式サイトにアクセスされるように制限がかけられています。

ですので、一般的にインターネットを利用している限りは海外の公式サイトにアクセスすることはできません。

海外の公式サイトへのアクセス制限がされてしまうと、現地価格での仕入れができなかったり、海外の公式サイトが発信している情報を掴めなかったりと、日本で海外ブランドを販売している業者にとっては痛手となってしまうでしょう。

このようなアクセス制限はファッションブランドだけではなく、さまざまな業態で当たり前のように行われているため、海外の商品を直接輸入して日本で販売したいと考えている業者はアクセス制限を回避する必要があるのです。

なぜ日本からのアクセスだと分かってしまうのか

IPアドレスには「グローバルIPアドレス」「プライベートIPアドレス」の2種類がありますが、一般的なインターネット通信に利用されているのが「グローバルIPアドレス」です。

グローバルIPアドレスとは?

”グローバル”という名前の通り、全世界で使用されているIPアドレスなのですが、それぞれの国に割り振られているIPアドレスは決められているため、IPアドレスを見ただけでどこの国からアクセスされているのかを瞬時に判断することができるのです。

プライベートIPアドレスとは?

一方で「プライベートIPアドレス」は、社内や自宅などの閉鎖的な場面でのみ使用されるインターネット接続となっているため、Webサイトへのアクセス制限に関係はありません。

VPN先生

グローバルIPアドレスで日本からであると判断されてしまうのです!

Webサイトのアクセス制限を回避する方法

アクセス制限があると諦めてしまわないといけない?

実は、Webサイトのアクセス制限を回避する方法はいくつかあります。

その中でも、一番安全で簡易的にアクセス制限を回避する方法をお伝えしますね。

・Webサイトのアクセス制限を回避する方法
・VPNとは?
・VPNのお得な使い方9選!
・VPN利用者の口コミ
・Webサイトのアクセス制限を回避するときにおすすめのVPN

Webサイトのアクセス制限を回避する方法

先ほどもお伝えした通り、IPアドレスを見ただけで日本からのアクセスであることが分かってしまいます。

ですが、逆を言えば日本以外のIPアドレスを使用すれば簡単に日本からのアクセス制限をかけているWebサイトにもアクセスすることができます!

そのために利用するのがVPNです。

VPNを利用することで、本来日本に割り振られたIPアドレスしか使用できないインターネット通信であっても、海外サーバーを経由することができるため、日本からのアクセス制限の影響を受けなくなります。

アクセス制限を回避する方法としては、Google ChromeやFirefoxで「Stealthy」などのプラグイン(拡張機能)を使用することでも不可能ではありません。

VPN先生

ですが、VPNが圧倒的に安全かつ簡単であることは間違いありませんよ

VPNとは?

VPNとは「インターネット上に特定のユーザーのみが利用できるルートを作り、かつ通信の内容を暗号化する技術」です。

主にインターネット通信を安全に行うために使われている技術です。

一方、安全なネットワークを作る過程で接続したサーバーの「IPアドレス」に変更されることから、さまざまな用途で利用されています。

VPN先生

VPNで海外のサーバーを経由してIPアドレスを変更することで、アクセス制限を回避することができるという仕組みです。

VPNのお得な使い方9選!

VPN利用者の口コミ

YouTubeプレミアムを安く契約したり、旅行を安く予約している人の口コミです!

Webサイトのアクセス制限を回避する仕組みと同様のロジックです。

口コミ
口コミ

Webサイトのアクセス制限を回避するときにおすすめのVPN

10個以上の無料・有料VPNを試して比較してみた、私のおすすめのVPNは「MillenVPN」です。

国産VPNで、品質コスパが抜群だからです!

サブスクプランの料金表は下記のとおりです。

月額396円~から利用できることが大きな魅力です!

缶ジュース2本分で、お得な使い方で生活が豊かになることは間違いありませんよ。

VPN先生

日本のサービスのため日本語対応で分かりやすいのが特徴!

おすすめのVPN比較表

スクロールできます

Millen VPN

Nord VPN

surfshark
オリジナルポイント日本国内産VPN
MillenVPNNativeOpen Connectを使用すれば中国からでも利用可能
3つのプランから
選択可能
全プランで広告ブロック、マルウェア回避機能あり
価格①2年:360円/月※
②1年:540円/月※
③1ヶ月:1,360円/月※
④15日:980円/15日
⑤7日:580円/7日
【コンプリートプラン】
 2年:880円/月
 1年:960円/月
 1ヶ月:2100円/月
【プラスプラン】
 2年:690円/月
 1年:770円/月
 1ヶ月:1910円/月
【スタンダードプラン】
2年:540円/月
1年:620円/月
 1ヶ月:1,760円/月
24ヶ月:333円/月
12ヶ月:556円/月
1ヶ月:1805円/月
返金保証※表記のみ
返金保証あり
全プランで
返金保証あり
全プランで
返金保証あり
サーバー設置国数52カ国
72箇所
60カ国
100カ国
サーバー数1300台5600台以上3200台以上
使用可能デバイス数10台6台無制限
容量制限なしなしなし
ノーログポリシーありありあり
各製品の比較

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました!

本記事では、Webサイトへのアクセス制限が行われる理由や仕組み、制限されているサービス、アクセス制限を回避する方法などについて詳しく解説しました。

Webサイトの利用状況によってはアクセス制限は非常に厄介になることも多いため、その場合はVPNを利用してアクセス制限を回避することがおすすめです!

VPNを利用することはもちろん違法ではありませんが、セキュリティ面やプライバシー面の質の低いVPNを利用してしまうとアクセスログから個人情報が抜き取られてしう可能性もあります。

VPN先生

想定外のトラブルに巻き込まれてしまうこともあるため、信頼できるVPNを利用するようにしましょう!

ぜひ本記事を参考にして、より快適にインターネットを利用してみてくださいね!

\VPNについてもっと知りたい人/

記事の内容