【初心者向け】パソコンにおすすめのVPNは?無料&有料 両方をご紹介!

「PCにおすすめのVPNはどれ?」

「無料だと危ないのかな…」

「PCでのVPN接続方法がわからない」

今回の記事ではこのようなお悩みを解決します!

VPNはセキュリティUPのため使用したり、海外サービスが使用できたりと便利ですよね。

VPN先生

しかし中には危ないVPNサービスもあったりします…

そこで今回は安心して使えるPC向けVPNを無料のもの、有料のものそれぞれ3つずつ紹介します!

この記事を読んでわかること
  • PCでVPNを使うメリット・デメリット
  • PC向けのVPNを選ぶときのコツ
  • PCにおすすめの無料・有料VPN3選
記事の内容

VPNとは?VPNを使ってPCでできること

うさぎさん

聞いたことはあるけど、そもそもVPNってどういうものなの?

VPN先生

まずはVPNについて簡単に説明しますね!

VPNは一言で言うと、「インターネット上に特定のユーザーのみが利用できるルートを作り、かつ通信の内容を暗号化する技術」です。

遠く離れていても同じネットワークに繋ぐことができるため、企業では在宅勤務のためにVPNを使用したりしています。

VPN先生

昔からあった技術ですが、コロナの影響でここ数年再注目されました!

一方、個人では下記のような方法で使われています。

VPN 個人利用のメリット
  • プライバシーの保護
  • ロケーションの変更
  • 検閲ブロックの解除

①プライバシーの保護

通常、IT機器には個々にIPアドレスが割り当てられています。

IPアドレスはIT機器の住所のようなもので、この番号がバレることで行動履歴の露呈や不正アクセスにつながる可能性があります。

しかしVPNを使用しサーバーに接続すると、あなたが持っている機器のIPアドレスが別のものに変更されるため、不正アクセス等のリスクを下げることができます。

またVPN接続時は内容が暗号化されるため、盗み見のリスクを減らすことも可能です。

VPN先生

公共Wi-Fiなどリスクが高い通信環境でもセキュリティをアップできるのがポイントです!

②ロケーションの変更

先ほどサーバーに接続するとIPアドレスが変更されるとお伝えしました。

このIPアドレスが変更されることで可能となるのが、ロケーションの変更です。

例えばあなたが日本にいたとしても、VPNを使用してアメリカのサーバーに接続すると、まるでアメリカにいるかのように動画の視聴やサービスを受けることができるのです。

③ジオブロック(地域制限)の解除

最後のメリットはジオブロックの解除です。

ジオブロックとは国や地域が特定のコンテンツにアクセスできないよう制限をかける仕組みのことです。

このブロックにより日本で当たり前に使っているサービスが一部の国で使えない場合があります。

ここでVPNの出番です!

VPNを使って他の国のサーバーで接続することでブロックが解除され、その国で使えないサービスを利用することができるようになります。

うさぎさん

中国ってinstagram使えないって聞いたけどまさか…

VPN先生

そうなんです!中国で日本のサーバーに繋げば利用できるようになりますよ♪

PCでVPNを利用すると具体的に何ができるのか

VPN先生

ここでVPNを使ってPCで何ができるようになるか実用例を紹介しますね!

VPNは単にセキュリティを守るだけではなく、色々な用途で使用が可能です。

PCにおけるVPN使用のデメリット

うさぎさん

でもデメリットもあるよね…

VPNの使用で想定されるデメリットは大きく二つです。

  • コストがかかる可能性がある
  • 通信速度が遅くなる可能性がある

VPNはサービスの種類によりますが、一部有料のものもあります。

またアクセスが集中したり、繋ぐサーバが遠ければ遠いほど通信速度が遅くなる可能性があり、この点はVPN使用のデメリットと言えるでしょう。

VPN先生

しかしVPNの中には無料のものもありますし、速度が早いものもあります!

選ぶサービスによって変わりますので、後ほど詳しく説明しますね。

VPNの接続方法

ここからはVPNの接続方法についてご説明します。

個人利用でVPNの接続をする時は大きく2つのパターンに分かれます。

VPN接続の方法

①VPNサーバー情報を確認し、自分で手入力で接続するもの

②アプリをダウンロードし、自動的にVPN構成を設定できるもの

それぞれどのようなサービスがあるかご紹介します。

手入力が必要なサービスとその手順

自分で手入力が必要となる主なサービスは以下の通り。

  • VPN Gate

VPN Gateとは日本の筑波大学が運営しているサービスです。

運営は学術の情報収集を目的にしており、誰でも無料で使えるのがポイントです。

さらに、一般的な無料サービスは容量制限があるのが普通ですが、VPN Gateはいくらでも無料で使用できちゃいます!

VPN先生

ただしVPNの接続のためにサーバー情報を手入力しなくてはならず、少し手間がかかります。

ダウンロードだけで接続が可能となるサービス

ダウンロードだけで接続できるVPNは以下の通り。

<有料>

  • ExpressVPN
  • NordVPN
  • MillenVPN

<無料> 

  • iTop VPN
  • Proton VPN
  • hide.me
  • Tunnelbear

ほとんどのVPNサービスはこの方法で接続が可能です。

アプリをインストールし、ポップアップの手順通りに拡張機能を追加、VPN構成の設定を許可することですぐに利用ができます。

有料のVPNだと見た目もわかりやすく初心者の方でも簡単に使えますよ!

VPN先生

初めてVPNを使う方、煩わしい手順が苦手な方にはおすすめです!

【必見】無料&有料おすすめのVPNを3つ紹介

ここからは筆者おすすめのVPNを無料有料のものそれぞれ3つずつご紹介致します。

VPN先生

おすすめVPNをお伝えする前に、選ぶときのポイントについて解説しますね!

VPNを選ぶときのポイント

VPNサービスを使用する上で確認してほしいポイントは以下の通り。

  • 価格
  • 接続できる国(都市)の数
  • 接続できる国
  • 対応OS
  • 接続できる機器数
  • 接続の速度
  • 使用可能な容量
  • 利用できるVODサービスの種類

使用目的によって優先するポイントは異なるので、ご自身の目的に沿って選んでくださいね。

有料VS無料、どっちのサービスがいいの?

うさぎさん

できれば無料のサービスを使いたいんだけど、どっちがいいの?

VPN先生

そうですよね。結論からお伝えすると、有料の方がおすすめです。

有料VPNに対する無料VPNのデメリットは以下の通りです。

・使用できる容量に制限がある場合が多い

・接続できるサーバーが限られている

・接続スピードが遅い

・広告がたくさん出てくる

・プロバイダーによっては個人情報管理等の安全性が担保されていない

やはり無料であるだけに、有料サービスと比べると劣る部分があります。

うさぎさん

それじゃあやっぱ有料しかダメなの??

VPN先生

いえ、無料の中にはノーログを宣言しているもの、使いやすいものももちろんあります!

その点を踏まえて、まずは無料のVPNを紹介していきますね。

【PC】無料で使いやすい!おすすめのVPN 3選

まずは無料のVPNからです。

ちょっとの機能でいいから試してみたい!という方におすすめです。

なお、ここから紹介するVPNは試用版ではなく無料版のVPNです。

一定期間経過すると課金されるようなことはないので安心してお試しください。

おすすめのVPNサービス比較表(無料版)

                                      
ProtonVPN TunnelBear hide.me
容量制限 無制限 500MB 10GB
使用可能なサーバー国 日本
アメリカ
オランダ
日本
アメリカ
オランダなど
47カ国
アメリカ
オランダ
カナダなど8カ国
※日本はない
ノーログポリシー
使用可能デバイス数 1台 無制限 1台
速度
ポイント 容量無制限 可愛い見た目で使いやすい 登録不要
その他 公式サイト
【ProtonVPN】
公式サイト
【Tunnelbear】
公式サイト
【hide.me】

Proton VPN(無料版) 

スクロールできます
登録が必要か登録必要
容量制限制限なし
使用できるサーバーの国3カ国
(オランダ、アメリカ、日本)
使用できるデバイス数1デバイスのみ
ノーログポリシーあり
速度少し遅い
その他キルスイッチあり
※サイト自体は日本語対応していないので翻訳機能を使ってください
こんな人におすすめ!
  • 容量無制限でVPNを試してみたい方!
  • 外国にいる方で日本のサーバーを使いたい方!

最初のおすすめ無料VPNはProtonVPNです。

おすすめポイントは「容量上限なし」なのでずっと無料で使える点。
VPNを一度試してみたい、という方にはおすすめのVPNです。

VPN先生

一方、有料版と比べると接続できる国数、スピードが劣ります…

ProtonVPNを試してみてVPNが良さそう!と感じられた方は
他のVPNや有料版のVPNを検討してみてもいいかもしれませんね。

Tunnel bear(無料版) 

スクロールできます
登録が必要か登録必要
容量制限500MB/月
使用できるサーバーの国47カ国
(日本、アメリカ、韓国)
使用できるデバイス数何デバイスでもOK
ノーログポリシーあり
速度普通
その他キルスイッチあり
スプリット機能あり
可愛い
※サイト自体は日本語対応していないので翻訳機能を使ってください
こんな人におすすめ!
  • たくさんのサーバーを試してみたい方!
  • 韓国のテレビ、動画を視聴したい方!
  • (可愛い見た目が好きな方)

続いてのおすすめはTunnel bear
とにかくかわいいVPNです。

おすすめポイントは無料で幅広い国のサーバーを利用できる点。
例えば韓国サーバーは今回おすすめしている他の無料VPNでは利用できません。
韓国のテレビなどを見たい!という方は特におすすめです。

その他、PCで無料版のTunnel bearを利用したとしても、スマホなど他のデバイスでも使用可能です。

ただし500MBしか見れないので、ご注意ください。

VPN先生

ストリーミングのデータ通信量は1時間あたり最小250MB〜最大1.8GBと言われています。参考にしてください。
出所)ストリーミングのデータ通信量は、1時間あたりどのくらいですか?

hide.me VPN 

スクロールできます
登録が必要か登録必要なし
容量制限10GB/月
使用できるサーバーの国8カ国
(アメリカ、オランダ、カナダ、シンガポール
スペイン、ドイツ、フランス、イギリス)
※日本は無料版にない
※サイト上では5つの拠点と書いてありましたが、Macでは8カ国利用可能でした
使用できるデバイス数1接続のみ
ノーログポリシーあり
速度普通
その他キルスイッチあり
スプリット機能あり
こんな人におすすめ!
  • 容量、選べる国もそこそこ多めのものを試して見たい方!
  • わずらわしい手続きなしで利用したい方!

最後のおすすめはhide.me

月々使える容量は10GB/月、使用できる国は8カ国とバランスの取れた無料VPNです。

おすすめポイントは利用の際に登録が必要ないという点。
煩わしい手続きも必要なく、また登録後メールがたくさん来てしつこい!と嫌な思いもすることもありません。

手軽に試すことができるので一番ハードルが低いVPNと言えるでしょう。

うさぎさん

hide.me無料版では日本のサーバが選べないみたいだから、注意が必要だね。

【PC】有料だけどパフォーマンス最高!おすすめのVPN 3選

VPN先生

続いて有料のVPNをご紹介しますね!

コストはかかりますがほとんどの有料サービスでは容量制限がなく、多彩なサーバーに繋げます。

さらにセキュリティ対策も手厚いところがほとんどですので、基本的には有料版をおすすめします。

有料版には30日程度の全額返金保証期間を設けているVPNもあるので、お試しで使いたい方はチェックしてみてください。

VPN先生

今回紹介しているVPNはすべて全額返金保証がついてるよ!

おすすめのVPN比較表

                                                   
MillenVPN NordVPN Surfshark
価格
スピード
接続可能国数
接続可能デバイス数 10台 6台 無制限
返金保証 あり※1ヶ月以上のプランのみ あり あり
広告ブロック機能 × あり あり
ポイント 中国から接続しやすい 世界No.1シェア 接続可能台数無制限で皆とシェアできる
その他 日本公式サイト
【NordVPN】

Millen VPN

  • 30日間返金保証あり!
  • 中国からも繋がるVPN
  • 月額396円〜利用可能!
コスパ重視、安全性重視ならコレ!
詳細はこちら
スクロールできます
公式HPMillenVPN
ポイント日本のVPN
・オプションサービス「millen VPN Native OpenConnect」を利用可能。
→中国などアクセス制限が厳しい国でも制限されにくい
価格5つの選べるプラン(は30日返金保証あり)
①2年:360円/月
②1年:540円/月
③1ヶ月:1,360円/月
④7日:580円/7日
⑤15日:980円/日
返金保証あり(1ヶ月以上のプランのみ)
サーバー設置国52カ国
サーバー数1,300台以上
使用可能デバイス数10台
容量制限なし
ノーログあり
詳細
こんな人におすすめ!

・安心安全の国産VPNを使ってみたい方!
・中国など、規制が厳しい国でVPNを使いたい方!

まずご紹介したいのがMillen VPN
日本の基準をクリアして販売されているのでセキュリティの面も安心です。

無料のオプションサービスに「millen VPN Native OpenConnect」があり、アクセス制限が厳しい国からの接続に特化しています。
中国に旅行や仕事で行く方には嬉しいポイントではないでしょうか。

またMillen VPNでは7日,15日と短めの契約期間を選べます。
ただし全額返金保証の対象になるのは1ヶ月以上の契約だけですので、お試しで使いたい方は注意してくださいね。

Nord VPN

  • 30日間返金保証あり!
  • 2024年5月の大セール71%割引き+3か月無料
  • 世界で一番使われているVPN
スピード重視の方にはコレ!
詳細はこちら
スクロールできます
サーバー設置国数60カ国
サーバー数5600台以上のサーバー
使用可能デバイス数6台
容量制限なし
ノーログポリシーあり
対応プラットフォームWindows1 / MacOS / Linux / Android / iOS / Chrome
Firefox / Edge / AndroidTV / FireTV
価格3つのプランから期間を選択
①コンプリートプラン
 2年:880円/月
 1年:960円/月
 1ヶ月:2100円/月
②プラスプラン
 2年:690円/月
 1年:770円/月
 1ヶ月:1910円/月
③スタンダードプラン
 2年:540円/月
 1年:620円/月
 1ヶ月:1,760円/月
※為替変動あり
返金保証全てのプランに30日の返金保証あり
NordVPN一覧
こんな人におすすめ!

・通信速度が速いVPNを使いたい方!
・広告ブロック機能も一緒に試したい方!

続いてのおすすめはNordVPNです。
(筆者愛用のVPNでもあります…。)

NordVPNの魅力は接続の速さで、独自のプロトコル「NordLynx」により高速接続を実現しています。

動画コンテンツを楽しむためにVPN使用を検討している方には一番おすすめのVPNですね。

その他全てのプランにマルウェア保護や広告ブロックの機能があり、セキュリティUPにもはたらく優れものです。

VPN先生

各プランの違いを次にまとめますので、参考にしてくださいね!

全てに共通マルウェア保護、トラッカー広告ブロッカー
コンプリートプラン、プラスプランにあり情報漏洩スキャナー、パスワード管理アプリ
コンプリートプランにのみあり1TBのストレージ、次世代ファイルの暗号化
各プランの違い

Surfshark

  • 広告ブロック機能付き
  • 使用可能デバイス無制限
  • 月額360円前後〜※為替の変動あり
みんなと利用をシェアしたいならコレ!
詳細はこちら
スクロールできます
公式HP【SurfShark】
価格24ヶ月:333円/月
12ヶ月:556円/月
1ヶ月:1805円/月 豊富な暗号資産決済
返金保証全てのプランで30日の返金保証あり
サーバー設置国数100カ国
サーバー数3200台以上のサーバー
使用可能デバイス数無制限
容量制限なし
ノーログポリシあり
こんな人におすすめ!

・様々なデバイスでVPNを使いたい方!
・広告ブロック機能も一緒に試したい方!

最後の有料版VPNのおすすめはSurfsharkです。

一番の特徴はVPNの接続台数に制限がないこと。
他のサービスにはない特徴です。

またNordVPNと同様、マルウェア回避、広告ブロック機能もついています。

一番長期のプランだと他の製品より月額料金が安いので、長く、安く使いたい方におすすめです。

まとめ

今回はPCでのVPNの利用に焦点を当てて説明をしてきました。

簡単に内容をまとめますね。

・VPNの活用によって、世界中の動画サービスを視聴できたり、安全にデータを扱える。
・VPNを使うのが初めての方にはアプリをダウンロードするだけで簡単に使えるサービスがおすすめ。
・無料のおすすめサービスは
「Proton VPN」
「TunnelBear」
「hide.me」
・有料のおすすめサービスは
「Millen VPN」
「Nord VPN」
「Surfshark」

ぜひPCでVPNを導入して、VPNのある生活を楽しんでください。
最後までお読みいただきありがとうございました!

よくある質問

無料VPNは安全ですか?

紹介した3つの無料VPNは筆者も実際に試しており、通常利用の範囲であれば一定の安全性は確保されていると思います。しかし、有料VPNと比較するとセキュリティレベルは低いと考えた方がよいです。ビジネスや副業で利用する場合で、安全性が必要であれば有料VPNがおススメです。

VPNサービスを選ぶ際のポイントはなんですか?

複数ポイントがありますが、料金や通信速度、接続できる国や利用できるVODの種類などがポイントです。

無料VPNサービスから、有料VPNサービスに切り替えるのがいいでしょうか?

その選択肢もあるかと思います。VPNをとりあえず使用してみるという点で、まず無料VPNを使用してみてもいいかもしれませんね。快適な通信速度や安全性を求める人は、有料VPNから始めるのも、もちろんありだと思います。

記事の内容